MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
しかし、それは正しくありません。
MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属ですが、磁気には反応しません。
なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯のことです。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。
自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。
インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
高い費用も、一括払いには限りません。
クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。
入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
続きはこちら>>>>>効果が無いホワイトニング用歯磨き粉

カテゴリー: 未分類 パーマリンク