インプラントの人工歯

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。
インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。
それは本当のことではありません。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。
典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。
日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。
インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。
鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。
できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒人気のホワイトニングジェルで歯を磨く

カテゴリー: 未分類 パーマリンク