インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいこと

治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。
一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。
入れ歯に比べ、インプラントでは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
しかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。
医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスは手を抜くことができません。
しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
義歯でも、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。
参考にしたサイト⇒ステインで歯が汚れているので綺麗にしたい

カテゴリー: 未分類 パーマリンク